“見留”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みと66.7%
みとめ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“見留”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
どこから見たって不足を言う点がないではないか、生若なまわかいものであると料簡の見留みとめもつきにくいが斎藤ならばもう安心なものだ。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
やゝたしかなのが、それでもわづか見留みとめると、黒髮くろかみみだした、わかをんなの、しろ姿すがたで。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
見留みとめじゃないか。なんだ——甲野」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)