虞美人草ぐびじんそう
「随分遠いね。元来どこから登るのだ」 と一人が手巾で額を拭きながら立ち留った。 「どこか己にも判然せんがね。どこから登ったって、同じ事だ。山はあすこに見えているんだから」 と顔も体躯も四角に出来上った男が無雑作に答えた。 反を打った中折れの …
作品に特徴的な語句
おと おっ プライド ぴか 穿ほじく ひど はか いろ 容易たやすい あでやか まっ へばり ほご ぱらい つかま なす うみ 阿父とうさま はため とこ はずれ ゆっくり もの クロース まずしさ あれ たかさ みつ みつめ おとっ とこしな したたら はずかしめ こごみ とう みずから あらたなり かみ 仕損しま 退しり ふち しゃが あま はばたき はじめ ぎり 阿爺おとうさま ひか むかい けったい まわ まある つづ おそれ さらわ とう ふる いとくち あだ 判然はきはき こわ いそがし どま ゆたか おこない 洒落じゃれ さかしま 西さい 調子ばつ から おどり しばたた わたし みず ちさ おっか 親父おとっさん こたえ 跪坐かしこまっ さかし そら つち 夕食めし せび 焦慮じれっ