虞美人草ぐびじんそう
「随分遠いね。元来どこから登るのだ」 と一人が手巾で額を拭きながら立ち留った。 「どこか己にも判然せんがね。どこから登ったって、同じ事だ。山はあすこに見えているんだから」 と顔も体躯も四角に出来上った …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 合槌あいづち 薩摩さつま 紫檀したん 土瓶どびん 稲妻いなずま 長火鉢ながひばち 修羅しゅら 納得なっとく 煙草盆たばこぼん 祇園ぎおん 羽目はめ 従容しょうよう 浅黄あさぎ あと 錦絵にしきえ 盂蘭盆うらぼん 螺鈿らでん 韋駄天いだてん 千切ちぎ 堪能かんのう 供養くよう 金槌かなづち 下卑げび 懸想けそう 嘆息ためいき しめ 井桁いげた 胡麻塩ごましお えくぼ 袖口そでくち 撞木しゅもく 芝生しばふ たで 惜気おしげ 藁葺わらぶき 近寄ちかよせ 小倉こくら 嗅覚きゅうかく 布団ふとん 無躾ぶしつけ 膏薬こうやく 山羊やぎ 板塀いたべい 梶棒かじぼう 花片はなびら 護謨ゴム 土堤どて はく 臆測おくそく 満腔まんこう 手足しゅそく わく 標榜ひょうぼう 半襟はんえり 唐草からくさ 牡丹餅ぼたもち 友禅ゆうぜん 藍色あいいろ 不忍しのばず 有耶無耶うやむや 瑪瑙めのう 緑青ろくしょう 初手しょて らち 見栄みばえ 弥生やよい 頓死とんし くす まつげ 頑是がんぜ 可懐なつかし そり 御蔭おかげ 疳癪かんしゃく 窓硝子まどガラス 緋鯉ひごい 鶏卵たまご 一筋ひとすじ 叡山えいざん 栄螺さざえ かめ 砂利じゃり 一足ひとあし みど 口笛くちぶえ 成仏じょうぶつ さん 衣桁いこう 他愛たあい 跳梁ちょうりょう 御挨拶ごあいさつ 敷居しきい 森々しんしん 端書はがき はし 逆立さかだち 一叢ひとむら おか