“貼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
88.8%
はり2.6%
1.9%
1.3%
てふ1.0%
ちょう1.0%
はっ0.6%
0.6%
0.3%
じょう0.3%
てう0.3%
のり0.3%
はつ0.3%
ばり0.3%
へばり0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハイカラなレッテルなどられ、ちゃんとしたでしたが、内容が濁っているのです。ウイスキイのドブロクとでも言いましょうか。
美男子と煙草 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そしてこの地方では、しかも一般にこの菓子を『菓子』と呼んで……ほら、見た事があるだろう?……葬儀用専門の飾菓子になってるんだ。
とむらい機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
という四本のれが出ても差支無しという涼しい料簡で、それで木村父子と氏郷とを鎖で縛ってけたようにしたのかも知れない。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ガヤガヤしてたやつがぴったりまる。見る——なるほど、銀地に短冊を散らしりにした屏風が、死人の枕頭を囲むように、逆さに置いてあるのだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
然るにわたくしは頃日して一小冊子を獲た。藍界の半紙二十六枚のマニユスクリイで、茶表紙の上にしたに「糾繩抄」の三字が題してある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
もし彼の脳裏に一点の趣味をし得たならば、彼はく所に同化して、行屎走尿の際にも、完全たる芸術家として存在し得るだろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
また白紙の札に妙な梵字ような字で呪文が書いててある。鍋被の女には歯というものがないようだ。れも虫が食ってしまったらしい。口中は暗いである。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
千代紙リマゼ、キレイナ小箱、コレ、何スルノ? ナンニモシナイ、コレダケノモノ、キレイデショ?
走ラヌ名馬 (新字新仮名) / 太宰治(著)
慶応三年に辻花雪三回忌の影画合「くまなきかげ」が刊行せられて、香以は自らこれに序した。巻中の香以の影画にはに引いた「針持つて」の句の短冊がしてある。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
おい、それだっても無銭じゃあいけねえよ、りながら神方万金丹、一三百だ、欲しくば買いな、まだ坊主に報捨をするような罪は造らねえ、それともどうだお前いうことをくか。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
壁に木板の畫をしたる房に入り、檸檬樹の枝さし入れたる窓を見て、われはきのふの苦を忘れぬ。フラア・マルチノは我をペツポが許へはさじと誓ひ給へり。
青苔緑青がぶくぶく禿げた、湿ったの香のぷんとする、山の書割の立て掛けてある暗い処へ凭懸って、ああ、さすがにここも都だ、としきりに可懐た。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
醫者微笑んだいどろりとした陶製つて、それをこつてりとガーゼにつて、火傷うてべたりとてぐる/\と繃帶した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
の奥の押入の前に立てた、新聞の屏風の蔭に、コッソリとまり込みながら、眼の前で、苦しそうに肩で呼吸している福太郎の顔を、一心に見守っていた。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
がある。がある。に二階がある。乾きかけた庭に雨傘がしてある。の目の黒い落花二片ついている。その他いろいろある。ことごとく無意義にある。みんな器械的である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)