とむらい機関車とむらいきかんしゃ
——いや、全く左様ですよ。こう時候がよくなりますと、こうして汽車の旅をするのも、大変楽ですな……時に、貴下はどちらまで?……ああ東京ですか。やはり大学も東京の方で……ああ左様ですか。いや結構な事ですな……え、私?ああ私は、ついこの先方のH市 …
作品に特徴的な語句
すす 外套オーバー はし しみ 車輪わっぱ 一日ついたち セン つぶ あせ 浮腫はれ ただち 素絹そぎぬ づら いち のっ はた いかめ 妊婦みもちおんな 手紙そこ 車台トラック おも はず 思召ぼしめし せん 眼窩めのあな かま 閉塞ふさ けん 一層いっそ 交際つきあい へこ わたし 安物やすもん 幾何いくら 悪戯わるさ ひき 手応てごたえ 日月にちげつ 水槽みずおけ 水管ホース 治癒なお 淋巴リンパ 炉口プアネス 疾走はし きたな 肥厚はれあが ぶき 表情かお かなめ 観破みやぶ はり はしゃ 轢殺れきさつ 通用とお しか かざり もた 七原ななはら 三月みつき 不味まず 五度いつたび 交際つきあ 何処どこ 何分なにぶん 何日いつ そば 先刻さっき 先方さき 先端さき 其処そこ まる 出外ではず 匐進ふくしん 半欠はんかけ 卵市たまごいち 吐瀉としゃ あき マイル 四対よんつい 固唾かたず ほか うち 小父おじ 小豆あずき いち 平常ふだん