“何分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにぶん86.7%
なんぷん5.7%
なんぶん2.9%
なんぶ1.9%
どうも1.0%
いくら1.0%
なにぶんの1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見捨たと云があるゆゑ道具衣類は云までもなく百兩の持參金はとても返す氣遣ひなしと思ふゆゑをしてもぬが何分離縁状
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何分、あの羽根をけた山鳩は、ずまたそこへって来た。その時もう草の上の彼は、静な寝息を洩らしていた。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
幾何学上に称する点や線などは大きさなきものと説いてあるが、しかし針のでさえも一何分の一というように必ずり得る大きさを有するものである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
学問のある人の書くような読み易い字で、帳面をば附けたなら私共の商売は上ったりで……。つまり何分かの口銭を取った上に、数える時に儲ける。帳面に附ける時に又輪をかける。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
近頃、奥様の御容子が、何分不審なので御座いますよ、先日旦那様が御帰京になりました晩、伊藤侯がらずも媒酌人つて下ださるからとのお話で
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
誠に正直一途の人で、或る日、本郷春日町停留場の近所で金を拾い直ぐさま派出所へ届け、落とし主も解りその内より何分か礼金を出した所、本人は何といっても請け取らないので
著作家や牧師のやうな始終ばかしにつてゐるのは一番の困り者で、出来る事なら船乗や海軍軍人のやうな月の半分か、一年の何分一かを海の上で送つて