江戸前の釣りえどまえのつり
魚釣りと人生は実によく似かよったところがある。女は男を釣り、男は女を釣ろうと思って釣られている。ぼくの釣りも、魚に釣られて帰ることが多い。しかし釣りは、忍耐を教え、辛抱強くさせてくれる。釣りの失敗は、つまり人生の失敗ともいえる。 五十年間の …
作品に特徴的な語句
水棹みざお じじ いかり しも 何分なんぶ 有難ありが はら 赤坊あかぼう せん 大輪おおわ 天秤おおこ 百済はくさい 竿頭さおがしら 素袍すほう かけ 銀杏ぎんなん かみ 吹雪ふぶ かた ばば いくさ 新羅しんら さつ 猪口ちょこ かん なま から 素足はだし かよ ばり 釣技ちょうぎ 難波なんば 一寸ちょっと のぼ 上戸じょうご 下司げす 下戸げこ 位星くらいぼし 何処どこ 何時いつ しるし 取手とりで 口細くちぼそ 台詞せりふ つかさど 名代なだい 味塩あじしお はなし 回向えこう おとり 土師はじ 堆肥たいひ 塩女しおめ 外道げどう 大尽だいじん 天日てんぴ 太秦うずまさ いや 嬉野うれしの やす 定餌じょうえ 宿やど 富水とみず 将監しょうげん 尿素にょうそ やま 常呂ところ いおり 御代みよ 御意ぎょい こい 悪食あくじき 懐炉かいろ えびす 按摩あんま 時化しけ 東雲しののめ 栢山かやま たな 極内ごくない 樟脳しょうのう うじ 気質かたぎ 河岸かし 洒落しゃれ 浴衣ゆかた 涸沼ひぬま 渭水いすい 焙烙ほうろく 爛熟らんじゅく 猪牙ちょき 甘露かんろ 男竹おだけ 疑似ぎじ 皮並かわな