“御意”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょい82.9%
ぎよい9.4%
みこころ4.7%
みこゝろ1.2%
おつもり0.6%
ぎよゐ0.6%
みむね0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうですとも、考えがあるなら言ったがいいじゃアないか、加藤さん早く言いたまえ、中倉先生の御意に逆ろうては万事休すだ。」
号外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
可笑なお話をいたしましたが、策伝の話より、一御意ひ、其後数度御前されて新左衛門が、種々滑稽雑談じたといふ。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
なるほど、お前は妖術の力で魂を呼び出して彼女を苦しめるけれど、神様だけが彼女御意のままになし給ふことが出来るのです。
そしてこの肉體は、願はくば、神の御意を完成すべく十分に強くありたい、その御意がはつきりと私にわかつた以上は。
「まづその御意でお熱いところをお一盞不満家貴方が一寸好いと有仰る位では、余程尤物と思はなければなりません。全くうございます」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
夫人とも/″\めるので、元來無遠慮勝は、らば御意にと、旅亭手荷物當家馬丁りに使はし、此處から三人打揃つて出發するになつた。