落語の濫觴らくごのらんしょう
落語の濫觴は、昔時狂歌師が狂歌の開の時に、互に手を束ねてツクネンと考込んで居つては気が屈します、乃で其合間に世の中の雑談を互に語り合うて、一時の鬱を遣つたのが濫觴でござります。尚其前に溯つて申ますると …
作品に特徴的な語句
近頃ちかごろ もとめ もゝ 其時そのとき 手柄てがら 洗濯せんたく 筑波つくば 華魁おいらん 落語家はなしか 向島むかうじま 皐月さつき 真顔まがほ 毎月まいげつ ぢく 職人しよくにん 利口りこう めぐ 昔時むかし にせ 門前もんぜん ふで くは 入口いりぐち 薩張さつぱり 其頃そのころ 余人よにん 天明てんめい 蜀山人しよくさんじん 見台けんだい 評判ひやうばん 長崎ながさき 千代ちよ づゝ 此事このこと 飯盛めしもり らう 濫觴はじまり ごん 相成あひな 其後そののち 聴手きゝて 其家そのいへ 父母ちゝはゝ 宿屋やどや 承知しようち 何所どこ 内職ないしよく 戯作げさく 大層たいそう 大河たいが 商売しやうばい 御寵愛ごちようあい 落語はなし ます 荘子さうし そう 強飯こはめし 円朝わたくし 皆様みなさま 草紙さうし 権三ごんざ さかづき 借家しやくや 茶屋ぢやや 閑静しづか 大屋おほや 山際やまぎは 楼上ろうじやう 金銭きんせん 衆人ひと 三升みます 舌切雀したきりすゞめ 桜花さくら 世渡よわた 所有しよいう 一切経いつさいきやう 夫故それゆゑ 平等院びやうどうゐん 当日たうじつ 昔話むかしばなし 雑談ざつだん 古今集こきんしふ 品格ひん 竹杖たけづゑ 飛入とびいり ぴやく 申込まうしこ 補助ほじよ 集会しふくわい 狂歌きやうか 考込かんがへこ 開始ひらきはじ 当今たうこん 甲辰きのえたつ 其位そのくらゐ 其前そのまへ くわい 唐詩たうし