“何日”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いつ77.6%
いつか7.7%
なんにち7.1%
いくか3.3%
なんか1.1%
いくにち1.1%
なんち1.1%
いつも0.5%
イツ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「毎日」は何日でも私の方より材料が二つも三つも少かつた。取分け私自身の聞出して書く材料が、一つとして先方に載つて居ない。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ですから何日の何時頃、此処で見たから、もう一度見たいといっても、そうはかぬ。川のは同じでも、今のは前刻の水ではない。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に三つにくるんだ、八十六文を取出して、三方の上にガチヤリと置いたら、こいつは綺麗に無くなつて、何日待つても返されなかつた
なるほど当年二十三のものは子歳で、私は正にそれに当っている。何時何日に扱所に出頭して寸法や何やかやを調べるという布令である。これは大騒ぎ。
賄の代金は大阪で請取ると云う約束がしてあるからそれは宜しい。何日ても構わぬ、途中からることは出来ぬと云う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
をかきに来て、こんな事を考えたり、こんな話しを聴くばかりでは、何日かかっても一枚も出来っこない。せっかく絵の具箱まで持ち出した以上、今日は義理にも下絵をとって行こう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一昨日、ね、函館から。もう近々に帰りますッて——いいえ、何日という事はまらないのですよ。お土産があるなンぞ書いてありましたわ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
りて馬につゝ是々馬士どの今夜は何だかい樣だ何日寅刻頃には徐々人の往來も有のに鮫洲から爰迄來中に一人も逢ぬ扨々しいことだぜ馬士アイサ此節は人通りが少無なつて否はや一不景氣なことさ品川歸りも通らねえ隨分氣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御見ニ入ル場所ハ何処、日ハ何日、時ハ如何ニ。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)