“扨々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さてさて75.0%
さて/\25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
扨々、御不音ひさし。その後は、侘びられつつも、華雲殿このかた、拝面の機もめぐまれず、遺憾しごく。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
皮を鑢の下に敷いてで刻んで颯々と出来る様子だから、私は立留を見て、心の中で扨々大都会なる、途方もない事が出来るもの哉、自分等は夢にも思わぬ
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
切りて迯行候と申けるに奧田殿扨々き事なり然らば切たる袖は後の證據とならん是へとて右の袖を見らるゝに辨慶縞單物きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
知ぬとは扨々可笑や/\と笑ひ狂ふにぞ越前守殿も有べし當人は如何にも亂心ゆゑ入牢申付ると云渡されけり其後又奉行所へ梅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)