“颯々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さっさつ52.1%
さつさつ23.3%
さつ/\11.0%
さっさっ5.5%
さっさ2.7%
さあさあ1.4%
さあ/\1.4%
ざわざわ1.4%
そよそよ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
断層をなした激流の見渡すかぎりは、白波天にみなぎり奔濤渓潭を噛み、岸に立つや否、馬いななき衣は颯々の霧に濡れた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
をくんで背中をまるめている、あなたの緑色のスエタアのうえに、お下げにした黒髪が、颯々と、風になびき、折柄の月光に、ひかっていました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
夫の風の颯々たる波の鞺々たる、若くは鳥の嚶々たる、伐木の丁々たる、奚ぞ詩人が因つて以て其声を擬すべき粉本ならずとせんや。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
……彼は金之助の挨拶を黙って受け、終ると黙って立っていった。颯々とした足さばきで、金之助などは覚えてもいないというようすだった。
落ち梅記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
一例をぐれば、一人の人が原書を読むそので、その読む声がちゃんと耳に這入て、颯々と写してスペルを誤ることがない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
腰硝子の障子を立てたきり、此座敷に雨戸はなかった。二つともした燭台の百目蝋燭の火はかぬが、白い障子越しに颯々と云う川瀬のが寒い。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
店頭で見つけた眞桑瓜を買うて、天鹽川に往つて見る。可なりの大川、深くもなさゝうだが、川幅一ぱい茶色の水が颯々と北へ流れて居る。鐵線を引張つた渡舟がある。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
艸花立樹の風にまれる音の颯々とするにつれて、しばしは人の心も騒ぎ立つとも、須臾にして風が吹罷めば、また四辺蕭然となって、軒の下艸く虫ののみ独り高く聞える。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
西は松原のつづきで、松の木陰をもるる太陽の光線が白壁へ映って、ちょうど首なしの人形のようで、それが颯々風の吹くたびに動くので、飛び回るように見えるのだ。
おばけの正体 (新字新仮名) / 井上円了(著)