落ち梅記おちばいき
「すまない、そんなつもりじゃあなかったんだ、酔ってさえいなければよかったんだが、どうにもしようがない、本当にすまないと思ってるんだ」 半三郎はこう云って頭を垂れた。不健康な生活をそのまま表明するような蒼ざめた艶のない顔である、しまりなくたる …
作品に特徴的な語句
はに つか しま 颯々さっさっ 喉声のどこえ 膝行しっこう かか あるじ つら いた いたわ そむ 唖者あしゃ むせ きま ひさし 甲斐がい 紊乱ぶんらん かす あだ 仔細しさい おっ とぎ 位牌いはい 俯向うつむ 俯眼ふしめ かし 公郷くごう 凌烈りょうれつ りん ひる 午餉ひるげ かえ 参覲さんきん 参詣さんけい 双眸そうぼう 吊台つりだい つぶや とが そそ 唐櫃からびつ 嗚咽おえつ たしな あざけ 嘲弄ちょうろう うわさ ささや 夕餉ゆうげ 太息といき 嫉視しっし むし 小股こまた とが もっと 屏風びょうぶ きっ かさ 平常ふだん 庫裡くり かす たちま 恢復かいふく ゆっ たし かかわ こしら おお そろ 摺足すりあし 放蕩ほうとう くら 昏々こんこん 昏乱こんらん 昵懇じっこん 木偶でく 檀家だんか 檻禁かんきん 此処ここ ゆが こわ 毛氈もうせん 氷雨ひさめ 温和おとな 溜息ためいき 火桶ひおけ あお 牡丹ぼたん 狼狽ろうばい よし 畳紙たとう うと