“氷雨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひさめ96.8%
ヒヨウウ3.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“氷雨”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌1.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
がらり、紅葉もみじ湯の市松格子が滑ると、角の髪結海老床えびどこの親分甚八、蒼白い顔を氷雨ひさめに濡らして覗き込んだ。
相も変らず霧のような氷雨ひさめは大気を濡らし、共同便所の瓦斯ガス灯の舌もまだ蒼白く瞬いている朝の七時ごろ。