私本太平記しほんたいへいき10 風花帖10 かざばなじょう
敗者の当然ながら、直義の三河落ちはみじめであった。 淵辺伊賀守の斬り死になどもかえりみてはいられず——敵に追われどおしで、とくに手越河原では残りすくない将士をさらにたくさん失い、今川、名児耶・細川、斯 …
作品に特徴的な語句
野分のわけ 有頂天うちょうてん 修羅しゅら 諏訪すわ 輿入こしい 采配さいはい 坩堝るつぼ 麾下きか 一期いちご 闡明せんめい しめ 布令ふれ 未練みれん 結城ゆうき 和泉いずみ 楚々そそ 首途かどで 仮借かしゃく 午頃ひるごろ なつめ 喊声かんせい 殲滅せんめつ ろう 皆目かいもく 屈託くったく 筑紫つくし 御幣ごへい とら 眉目みめ 越前えちぜん 毀誉褒貶きよほうへん 錯覚さっかく 叡山えいざん へい 烏合うごう なし 初陣ういじん げき 舎人とねり おか 朝餉あさげ 倨傲きょごう たつ 伯耆ほうき 蹉跌さてつ 海嘯つなみ 神楽かぐら 落人おちゅうど 朧夜おぼろよ しょく 直々じきじき 剃髪ていはつ 欺瞞ぎまん 悔悟かいご ほこ 有縁うえん 歪曲わいきょく 道行みちつら 鼓舞こぶ 千種ちぐさ 畏敬いけい 破目はめ 粗朶そだ エツ 蟄居ちっきょ はま 総帥そうすい 苦患くげん ばく 供奉ぐぶ あした しゃく 糾合きゅうごう 晏如あんじょ 氷雨ヒヨウウ しとね しとみ やく かが 蔵人くろうど 不肖ふしょう 恐懼きょうく 波濤はとう 羅刹らせつ 華々はなばな 叱咜しった 完膚かんぷ 短夜みじかよ あくた 山城やまじろ 凡下ぼんげ 和歌うた 舎利しやり 蜂起ほうき 遠退とおの 阿修羅あしゅら 震撼しんかん 輪廻りんね
題名が同じ作品
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:09 建武らくがき帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名)吉川英治 (著)