“霄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そら42.9%
おおぞら28.6%
よい14.3%
よひ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空にんだおからだが、下界から見る月の中から、この世へ下りる間には、雲がに百千万千、一億万丈の滝となって、ただどうどうと底知れぬ下界のへ落ちている。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
入交りに波に浮んでいると、とただ金銀銅鉄、真白に溶けたの、どこに亀裂が入ったか、破鐘のようなる声して
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
目出度三三九度の盃も済み、藤原が「四海しずかに」とい、媒妁はと帰りました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
何だネーの内からこの暗さは
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)