“凌霄花”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
のうぜんかずら42.9%
のうぜんかづら28.6%
のうぜん14.3%
トランペツトフラワア14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“凌霄花”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)0.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
美女桜の花は濃紅、松葉菊の花は淡紅、ロベリヤはすみれよりも小さな花で紫、他の一種は苧環草おだまきそうに似た花と葉で、花の色は凌霄花のうぜんかずらの如き樺色である。
〔出典〕病牀六尺(新字旧仮名)/正岡子規(著)
ただ、母になるという喜びだけが、そうして、また、自分も母になれるという喜びだけが、この凌霄花のうぜんかずらのにおいのように、さっきから彼女の心をいっぱいにしているからである。
〔出典〕偸盗(新字新仮名)/芥川竜之介(著)
凌霄花のうぜんかづらはますます赤く咲きみだれ、夾竹桃の蕾は後から後からと綻びては散つて行く。
〔出典〕虫の声(旧字旧仮名)/永井荷風(著)
凌霄花のうぜんかづら
〔出典〕十五夜お月さん(旧字旧仮名)/野口雨情(著)
五十人ごじふにん八十人はちじふにん百何人ひやくなんにん、ひとかたまりのわかしゆかほは、すわり、いろ血走ちばしり、くちびるあをつて、前向まへむき、横向よこむき、うしろむきひとつにでつちて、葡萄ぶだうふさ一粒ひとつぶづゝくちはないたやうで、手足てあしすぢ凌霄花のうぜんあざむく。
〔出典〕祭のこと(旧字旧仮名)/泉鏡花泉鏡太郎(著)
金色の凌霄花トランペツトフラワアを鍍金した総鞣皮張りの小箱であるが、殊の他に大きな音響を発するので
〔出典〕酒盗人(新字旧仮名)/牧野信一(著)