“葡萄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぶどう85.2%
ぶだう11.4%
えび2.3%
ふだう0.6%
ブドウ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その周囲一面に葡萄栗鼠の模様を彫れということで御座いました。右の材料は花櫚で、随分これは堅くて彫りにくい木であります。
(僕の見聞する限りでは)たとへばルナアルの「フイリツプ一家の家風」は(岸田国士氏の日本訳「葡萄畑の葡萄作り」の中にある)
それは一つは、葡萄色の緒の、穿き減した低い日和下駄を穿いてる爲でもある。肉の緊つた青白い細面の、醜い顏ではないが、少し反齒なのを隱さうとする樣に薄い脣をめてゐる。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「そら、ね。いゝぱんだらう。ほし葡萄一寸顔を出してるだらう。早くかばんへ入れへ。もうお日さまがお出ましになるよ。」
いてふの実 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
(一片の新月は秋の波に映じて、海辺の地に吹く清らかな風は気の重さを払ってくれる。英国のにごり酒にはわれすでにあきて、の南部の今夜は葡萄酒に酔うのである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)