“ぶどう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ブドウ
語句割合
葡萄98.7%
武道0.7%
無道0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
臙脂色の小沓をはいた片足は、無心に通路の中ほどへ投げだしてあつた。葡萄は半ば空つぽになつて、洗面台の上にのせてある。
夜の鳥 (新字旧仮名) / 神西清(著)
当日兵法試合のうち、軍学大論議のあることは、あれから甲州流陣法が生まれたというくらい有名なものだが、そのほか、武道試合としては、なんとなにか?
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
武道表芸弓術剣法はもちろんのこと、火術棒術十手術鉄球手裏剣飛道具もよし、あるいは築城縄取りくらべ、伊賀甲賀忍法も試合にいれ、かの幻術する一でも
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
親方がし過ぎるので増長した謀反人め、謀反人も明智のようなは道理だと伯龍が講釈しましたがあいつのようなは大悪無道、親方はいつのっそりの頭を鉄扇でちました
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)