“縄取”のいろいろな読み方と例文
旧字:繩取
読み方割合
なわとり50.0%
なわど25.0%
なわと25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左右に居ります縄取の同心が右三人へ早縄を打ち、役所まで連れきまして、一先ず縄を取り、手錠をめ、附添家主五人組へ引渡しました。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「いかんぞ、いかんぞ、ゆだんもスキもなりはしない。まだすっかりできあがらぬうちに、この大坂城縄取構造浜松めがみおった」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると、ややおくれて、矢来の死門から三人のつきがひかれてきた。菊池半助がその縄取りのうしろから、おごそかに口をむすんでくる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)