“狸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たぬき96.3%
たぬ0.6%
たのき0.6%
だぬき0.6%
まみ0.6%
むじな0.6%
マミ0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのことでは思うつぼもはずれてしまい、以来、村人からは白眼視されていたが、もともときつねたぬき以上なずるさを持つ李吉だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まったく、ばかなたぬきです。汽車にばけるなんて、よくそんなあぶなっかしいことができたものです。むてっぽうにもほどがありますよ。
ばかな汽車 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
きつね豆府屋とうふやたぬき酒屋さかやかはうそ鰯賣いわしこも、薄日うすびにそのなかとほつたのである。
深川浅景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「それこそ、たぬちゃんでいらっしゃる。」
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
入口と出口が六つもある長屋もある。たのき裏といい、一軒の平家に四つの家族が同居しているのだ。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
西鶴の人間に関する観察帰納演繹の手法を例示するものとしてはまた『織留』中の「諸国の人を見しるは伊勢」に、取付虫とりつきむし寿林じゅりん、ふるだぬき清春せいしゅんという二人の歌比丘尼うたびくに
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
まみはお山の山姥やまうば
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
まみは古巣で泣いてろ。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
「そんならいいけれど、与の公、お前はどうも左膳さまとは同じ穴のむじならしいね」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
マミの毛皮を耳にはめ、 シャブロの束に指組みて、
文語詩稿 一百篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)