“古狸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふるだぬき94.7%
こり5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この老婆は以前は大塚坂下町辺、その前は根岸、または高輪あたりで、度々私娼媒介で検挙せられたこの仲間の古狸である。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
を痛めるぞ、ばかな古狸めが。気の毒だが、大声を出したってだめだ。まったく、雷鳴とは聞こえないや、くらいにしか思われない。」
古い屋敷だからおおかた古狸の類が住んでいて、夜間ばけて出て鶏をさらってゆくのだろうと言い出した。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)