“こり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
狐狸51.5%
12.7%
垢離6.7%
行李6.0%
6.0%
6.0%
3.0%
骨柳0.7%
凝結0.7%
古狸0.7%
古里0.7%
庫裡0.7%
0.7%
浴離0.7%
箇裏0.7%
軍梱0.7%
0.7%
鬱血0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世に言う狐狸のたぐいにばかされたのかも知れぬと考えると、急に、むらむらと冒険心が湧いて来て、却ってうれしいような気分になり
狂女と犬 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
背にかついでる大きなの中には、あらゆる物がはいっていた、香料品、紙類、糖菓類、ハンケチ、襟巻履物罐詰小唄集、薬品など。
山清水の溜井垢離をとって、白い下着に、墨の法衣をつけ、綽空は、叡福寺のから紙燈芯を一つもらって、奥の御霊廟へ一人すすんで行った。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けふこのミュンヘンのに来て、しばし美術学校の『アトリエ』借らむとするも、行李の中、唯この一画藁、これをおん身ら師友の間にりて、成しはてむと願ふのみ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
私は舌をあらしているのにもせず、煙草を取り出して火をつけた。そして路のきを見ると路に沿って山吹や木苺が叢生していた。
遠野へ (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
「漆検校の門弟佐の市、それは大した者だ、噂は聞いて居る、肩のの取れるようなのを一本やって貰おうか」
禁断の死針 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
悪い事を云ったねえ…何うもゃア…あゝ悪い事を云った、悪い事を云いましたねえ、何うも飛んだ事を云った、これ程じゃアねえと思ってうっかり云ったが
なすよし女房は屏風を立廻し床にしが後の方に骨柳一ツ有しを夫を改めんとなすをは此品は不正ならずと手を出す役人共ひ退て中を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
致させしに夜具衣類迄姑女の着たるは格別垢染も爲ず綿なども澤山に入てあり又菊が分は今夫に着て居る外は何一ツなきがども破れたる骨柳一ツあり其中に反古
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そのうちに庄次郎は、肩から両腕、棒のような凝結に、刀の重さがこたえて来るし、口はみたいに渇いた呼吸を大きくする。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
古い屋敷だからおおかた古狸の類が住んでいて、夜間ばけて出て鶏をさらってゆくのだろうと言い出した。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
と見え——もちろんこれは古里の六町を一里とかぞえる大ざっぱな里程ではあるが——歩いての旅でも、片道二十五、六日といわれていた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何時つてゐても音沙汰がないので、宗助不思議ひをして、庫裡引返した。すると石段から剃立らしたさんがつてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
盡し兄弟ましく兄は弟を思ひ弟は兄を尊敬日々農業耕作油斷なくを出しある時は山に入て或ひは日雇走り使ひ等に雇はれ兩人とも晝夜を分たずぎて親半左衞門を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
七年以来、一朝として水浴離を取らない朝はなかつた。神に捧げた心、昔の由緒ある宮の再興に捧げた半生といふ形であつた。
初冬の記事 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
禅僧がよく「這裏」とか「箇裏」とか「箇中」とかいうが、面白い表現で「現下のこのもの」という意である。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
その一輛の軍梱のあいだに、萩乃は乗せてもらって来た。足軽や、荷駄の者と、すっかり懇意になったおかげである。
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
れる塔になよりそ川隅屎鮒はめるいたき女奴 (巻十六)
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
塗りつけた紳士の顔と、【鬱血もとります】という文句が記してあるだけで、それ以外には何も書いてない
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)