“反古”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほご95.8%
ほぐ1.8%
はご1.2%
ほうぐ0.6%
ほうご0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
居室つてると、ちやんと整頓る。書物やら反古やら亂雜まつてたのが、各々かにる。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
家を見て廻ると、あなた、驚くじゃありませんか、流し元の窓や、唐紙の破れをった反古をよくよく見ると、それがみんな一茶自筆の書捨てなんですよ。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
江丸とは、反古新聞されてつたで、はじめ、大佐一行せて一大帆前船、あゝ、あのも、かの理由で、海岸にあらずなつたかと
なあに、相手に誠意なかったら何ぼこんなもん書かしても反古と同じですよって、お役に立つのんならどうぞ持って行って使て下さい。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
一、 冬ごもり五車反古のあるじかな 召波
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)