まんじ
先生、わたし今日はすっかり聞いてもらうつもりで伺いましたのんですけど、折角お仕事中のとこかまいませんですやろか?それはそれは詳しいに申し上げますと実に長いのんで、ほんまにわたし、せめてもう少し自由に筆 …
作品に特徴的な語句
気魄きはく 満更まんざら びん 気儘きまま 見馴みな 嫌疑けんぎ 詰問きつもん 芍薬しゃくやく うそ 夕闇ゆうやみ 胡麻化ごまか 母家おもや 布団ふとん 波瀾はらん 夕靄ゆうもや 半襟はんえり 鳶色とびいろ 宛名あてな 闇夜やみよ 闖入者ちんにゅうしゃ 捏造ねつぞう 一廉ひとかど 島田しまだ 図星ずぼし 手持無沙汰てもちぶたさ 諒解りょうかい 尚更なおさら 書付かきつけ 緋色ひいろ えび 上眼うわめ 分別ふんべつ 束髪そくはつ 生霊いきりょう 伊達巻だてまき 硬張こわば 匿名とくめい 殊勝しゅしょう 白百合しらゆり 頂辺てっぺん 出遇であ 寝惚ねぼ 珠数じゅず 昏睡こんすい 血糊ちのり 筆蹟ひっせき 居所いどころ 下唇したくちびる 舞妓まいこ 渦中かちゅう 物干ものほ 視詰みつ 防禦ぼうぎょ 番頭ばんと 難波なんば 庭下駄にわげた 枕屏風まくらびょうぶ 骨牌カルタ 往生おうじょう 怨念おんねん 相伴しょうばん 藻抜もぬ 邪推じゃすい 抽出ひきだ ちこ 自業自得じごうじとく 余所行よそゆ もと 掣肘せいちゅう 道頓堀どうとんぼり 博奕打ばくちうち 愛憎あいそ 言訳いいわけ 妖艶ようえん 極道ごくどう 深草ふかくさ 手提てさ 出遭であ 段梯子だんばしご 線香せんこ 御厄介ごやっかい 最前さいぜん 昼日中ひるひなか 間柄あいだがら 苛責かしゃく 一切合財いっさいがっさい 仲居なかい 天王寺てんのうじ 禁厭まじない 空惚そらとぼ 脳味噌のうみそ 乗合のりあい 先様さきさん 後見こうけん 上機嫌じょうきげん 根負こんま 茶褐色ちゃかっしょく まわ 小間使こまづかい はい