“学校”のいろいろな読み方と例文
旧字:學校
読み方割合
がっこう91.7%
がくかう3.6%
がつかう1.2%
がつこう1.2%
こゝ0.6%
がっこ0.6%
まなびや0.6%
スクール0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いままで、小学校時代に、よくんだだちが、それぞれ学校へゆくのをると、うらやましく、おさんにはわれました。
子供はばかでなかった (新字新仮名) / 小川未明(著)
「ぢやあやうとつて学校へおいで。にはね、ものをいはないからこえないでも、かはりにはうつくしいよ。」
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
エー若春の事で、つて可笑みの落話いと心得まして一ひますが、は誠に開化の事にく、旧弊の事ばかりつてりますと、学校教員さんがおでで
西洋の丁稚 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
今日何故学校かないんだ。さうしてからなんぞをつて」と調戯ふ様に、る様に云つた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
梅子は握られし銀子の手を一ときは力をめて握り返へしつ「、銀子さん、私は学校に居た時と少しも変らず、貴嬢を真実の姉とつて居るんです」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
何ぞ気イれるようなことはと思いまして、——先生は御存知でしょうか、——あのう、天王寺の方に女子技芸学校いうのんありますねん。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
窓五つなる学校に、 さびしく学童らをわがまてば
文語詩稿 五十篇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
その通り、どこかにいるはずなのですよ。パリイの学校という学校は、もう捜索の余地がありません。だから、今度はパリイを切り上げて、ロンドンに移るんですな。つまり、ロンドンに捜索の手を