“學校”のいろいろな読み方と例文
新字:学校
読み方(ふりがな)割合
がくかう80.0%
がつこう8.6%
がくがう2.9%
がくこ2.9%
がくこう2.9%
がつこ2.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“學校”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其後そのゝちかれ學校がくかう卒業そつぎやうして、元來ぐわんらいならば大學だいがくきを
つぎあさ與吉よきちはまだみなぜんゑられぬうちから學校がくかうくとてはさわいだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
日本につぽんほど學校がつこうのよくとゝのつたくに世界中せかいじゆうにもすくないといはれてをりますが
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
みなさんの學校がつこうおなじように勉強べんきようをしたり、學問がくもんをする場所ばしよなのです。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
のぶさんは近々ちか/″\何處どこかのぼうさん學校がくがう這入はいるのだとさ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
勘次かんじさん駄目だめだよ、學校がくこつちや半年はんとしたあはんねえから、下手へたんすつといま子奴等こめらにやめられつちやからおとつゝあつてつかなんちあれたつて、こまらなどうもなあ」そばからいつたので勘次かんじ有繋さすが嫣然にこりとした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
龍華寺りうげじ信如しんによ大黒屋だいこくや美登利みどり二人ふたりながら學校がくこう育英舍いくえいしやなり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たゞ學校がくこうと一トくちにてこのあたりには呑込のみこみのつくほどるがあり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
りやうめかじつたんべ、學校がつこ先生せんせいねええつけてやつから、はらいたくつたつて我慢がまんしてるもんだ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)