“信如”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんによ75.0%
しんにょ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“信如”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まへ跣足はだしるのかれではどくだと信如しんによこまるに、いよ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
龍華寺りうげじ信如しんによ大黒屋だいこくや美登利みどり二人ふたりながら學校がくこう育英舍いくえいしやなり
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
信如しんにょとか何とか云う坊さんの子が、下駄げたの緒を切らして困っていると、美登利が、紅入友禅か何かの布片きれを出してやるのを、信如が妙な意地と遠慮とで使わない。あの光景なんか今でもハッキリと思い出せる。」
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)