真珠夫人しんじゅふじん
汽車が大船を離れた頃から、信一郎の心は、段々烈しくなって行く焦燥しさで、満たされていた。国府津迄の、まだ五つも六つもある駅毎に、汽車が小刻みに、停車せねばならぬことが、彼の心持を可なり、いら立たせてい …
作品に特徴的な語句
稍々やや 活々いきいき 覿面てきめん 烏賊いか 薩摩さつま 夜叉やしゃ 有頂天うちょうてん 流暢りゅうちょう 脾腹ひばら 凄味すごみ 見馴みな 輿入こしい 一喝いっかつ 詰問きつもん 鬱憤うっぷん トン 旁々かたがた 眉宇びう 披瀝ひれき 夕闇ゆうやみ 下卑げび 伊豆いず 父娘おやこ 足利あしかが 飛白かすり 衣物きもの 忿怒ふんぬ 身悶みもだ 耳許みみもと 諸共もろとも 合槌あいづち 人身御供ひとみごくう 楚々そそ 音沙汰おとさた 馴々なれなれ 樹蔭こかげ いた 混沌こんとん 無躾ぶしつけ 造詣ぞうけい 峻厳しゅんげん 銘々めいめい 護謨ゴム 土堤どて 無碍むげ 立竦たちすく 腹癒はらいせ ろう 根柢こんてい たに 百日紅さるすべり 皆目かいもく 麦藁むぎわら 三度みたび 藍色あいいろ 精緻せいち 余裕よゆう 冥土めいど かす 有耶無耶うやむや 無沙汰ぶさた 喘息ぜんそく 尨大ぼうだい まつげ 鎧戸よろいど 二言ふたこと 威丈高いたけだか 笑靨えくぼ 逗子ずし 絨毯じゅうたん 時化しけ 衣桁いこう 轟然ごうぜん 当惑とうわく 闖入者ちんにゅうしゃ 硯箱すずりばこ 蕭条しょうじょう 御挨拶ごあいさつ 昏々こんこん 猿臂えんぴ 貴君あなた 逆立さかだ 非業ひごう 音頭おんど 仲人なこうど 定紋じょうもん 旺盛おうせい 熾烈しれつ 賜物たまもの 向日葵ひまわり ともえ 捗々はかばか さすが 海嘯つなみ 勿怪もっけ 読経どきょう 陋劣ろうれつ 麦藁帽むぎわらぼう 催促さいそく
題名が同じ作品
真珠夫人 (新字旧仮名)菊池寛 (著)