“渉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わた90.1%
ワタ2.2%
わたる2.2%
あさ1.7%
わたり1.1%
かかわ1.1%
かちわた0.6%
かゝは0.6%
わたつ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水を怖るるのかと問うに、尾が水を払うて王に懸るを恐ると答えた。てその尾を結び金嚢に盛り、水をって苑に至り遊ぶ事多日。
む所の深い此あて人は、庭の風景の、目立つた個処々々を指摘しながら、其拠る所を、日本漢土つて説明した。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
法科大学教授大川君は居間の真中革包を出して、そこらに書物やシヤツなどを取り散らして、何か考へては革包の中へしまひ込んでゐる。
魔睡 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
朝から晩まで一と間にこもつて、古聖賢の有難い經書史書から、黄表紙、好色本、小唄、淨瑠璃本までをりつくし、智慧と理窟が内訌して
は人にけられて高所逃登駅中ば、提灯しつれ大勢の男ども々に木鋤をかたげ、雪を水ををあげてこゝにる。
父や瑠璃子の苦しみなどとは、没交渉に、ての人間の喜怒哀愁とは、何のりもなく、六月は暮れて行った。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
父や瑠璃子の苦しみなどとは、没交渉に、否凡ての人間の喜怒哀愁とは、何のりもなく、六月は暮れて行つた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
茅屋瀟灑夕陽黄葉村舎の横額あり。堂上より望ときは駅を隔て黄葉山園中に来がごとし。園をて屋後の堤上に到れば茶臼山より西連山翠色淡濃村園寺観すべて一図画なり。堤下川あり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)