“淨瑠璃”の読み方と例文
新字:浄瑠璃
読み方割合
じやうるり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俳諧、謠曲、淨瑠璃に至るまで、(淨瑠璃のある部分を除く外は)おほむね理想詩(叙情派)に屬すといひて、世相派の詩少きをきつ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
朝から晩まで一と間にこもつて、古聖賢の有難い經書史書から、黄表紙、好色本、小唄、淨瑠璃本までをりつくし、智慧と理窟が内訌して
られ今日の第一番客なり申刻頃よりして立代り入代り語りをなす淨瑠璃數々門弟は今日をと見臺に向ひて大汗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)