“瑠璃”の読み方と例文
読み方割合
るり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蔵前の大通りには、家々の前にほこりおさえの打ち水がにおって、瑠璃るり色に澄み渡った空高く、旅鳥のむれがゆるい輪を画いている。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
今日もお山は晴天で、八つの峰が鮮かに見え、肌が瑠璃るりのように輝いていた。そうして裾野には風が渡り、秋草の花がなびいていた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
かすかな瑠璃るり色がようやく空一面と空間の或る部分にまで行きわたり、下界にまでは光がとどかなかった。森はいやが上にも黒かった。
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)