“青竹色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおたけいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“青竹色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
されど支那商人のきたりて真鍮のうつは並べて商ふ、それはまだよし、孔雀の色に何時いつも変らぬ紺青こんじやう青竹色あおたけいろのこちたき色を交へし絹の模様物を左右より見せ附けられさふらふ苦苦にがにがしくさふらひき。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)