“苦苦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にがにが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“苦苦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
鬼神でない一介の婦女子だから、敢て詰責するにも当らないが、俺は苦苦にがにがしく思つたり、片腹痛く感じたりすることがないでもない。
畜生道 (新字旧仮名) / 平出修(著)
私はそれを心から苦苦にがにがしく不愉快なことに思つた。
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)