銀の匙ぎんのさじ
私の書斎のいろいろながらくた物などいれた本箱の抽匣に昔からひとつの小箱がしまつてある。それはコルク質の木で、板の合せめごとに牡丹の花の模様のついた絵紙をはつてあるが、もとは舶来の粉煙草でもはひつてたものらしい。なにもとりたてて美しいのではな …
作品に特徴的な語句
せい ざか しきいし 無上むじよう やはらか 水溜みづだまり をし がほ 雀躍こをど いつ づら ぢい こまやか よはひ まゐ かつ たゆ とほ 下知げぢ さる かず 葛蘿かづら ぶち 手斧てうな 雑兵ざふひやう はん 仁田にたん おそ 真顔まがほ 瞞著まんちやく よる 雪崩なだ かへ しやう 陽炎かげろふ 筋斗とんぼ をか しん 怖怖こはごは ひる 予譲よじやう なま いくさ どん 払子ほつす 琴柱ことぢ ふさ 南瓜かぼちや 縫箔ぬひはく ばち とげ なじ 曲彔きよくろく 腫物できもの 刷毛ばけ 衣桁いかう しやべ 柄杓ひしやく すさま 業腹ごふはら こふ 母様かあさま 入寂にふじやく 衝立ついたて まぶた とし 神酒みき そら 笄蛭かうがいびる たが 篳篥ひちりき もち 粗朶そだ 糸瓜へちま 背鰭せびれ 麻疹はしか 胡桃くるみ 脾弱ひよわ 腫物はれもの 鹿毛かげ 苦苦にがにが さい とり 蔚山うるさん けい のみ かぶら とざ まさかり 鉄棒かなぼう たてがみ