“糸瓜”の読み方と例文
旧字:絲瓜
読み方割合
へちま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道也先生は親指のんで、前緒のゆるんだ下駄を立派な沓脱へ残して、ひょろ長い糸瓜のようなからだを下女の後ろから運んで行く。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
愛の糸瓜のと云つたところで、結局、女が重荷になつてはかなはん。こつちが必要な時だけそこにゐるといふ風な女房で沢山だ……。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
なるほど門人種員の話した通り打水清き飛石づたい、日をける夕顔棚からは大きな糸瓜の三つ四つもぶら下っている中庭を隔てて
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)