“へちま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
糸瓜95.5%
絲瓜4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど門人種員の話した通り打水清き飛石づたい、日をける夕顔棚からは大きな糸瓜の三つ四つもぶら下っている中庭を隔てて
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
しかし糸瓜のように巨大な胡瓜、雪達磨のような化物の西瓜南瓜、さては今にも破裂しそうな風船玉を思わせる茄子——そういった
火星の魔術師 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
「だつても絲瓜もあるものか、あの小屋の中には、妙に氣に入らねえところがあるよ。兎に角、江戸つ子の見るものぢやねえ」
鈍痴漢の、薄鈍奴等絲瓜るものか、馬鹿な、輕擧な!』ハヾトフと郵便局長とは、權幕辟易して戸口狼狽く。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)