“寒椿”の読み方と例文
読み方割合
かんつばき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家付きのおは、灯のそばに、凍った寒椿みたいに、じっと、俯向いていた。彦太は、こんな美しい襟あしを見たことはなかった。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
半ば折りめぐらされた金屏風の緑青の青いのと、寒椿の赤いのが快く眼を刺激してうつらうつらした気分に襲われたものです。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
珊瑚象眼と見えるのは寒椿の色であろう、二つ三つ四つと紅い色どりが数えられるところになんの鳥か、一羽キキと鳴いて枝をくぐった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)