“木蓮”の読み方と例文
読み方割合
もくれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木庵の「花開万国春」が呉昌蹟木蓮鉢合せをしてゐる事もある。が、客間を飾つてゐる書画は独りこれらの軸ばかりではない。
漱石山房の秋 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
白砂を敷きつめた堂前の庭は、春の光りを一杯に吸って美しく輝いていた。冷酷なほどの静けさのなかに、木蓮の花が白く咲き乱れている。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
銀鞍少年玉駕佳姫、ともに恍惚としてなる陽炎なるに、木蓮乳房む。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)