“銀鞍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎんあん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銀鞍”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集5.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
金鋲きんぴょうかご銀鞍ぎんあんの馬、躑躅つつじさきたちに出入りする者、ほこりはかれらの上にのみある。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
花下の銀鞍ぎんあん、月前の船、もってその自然の結果たる快楽を買うを得べく、その怠惰にして放逸なるものは悪衣悪食、他人よりははずかしめられ、自家には不愉快を感じ
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)