“銀杏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちょう71.4%
いてふ13.3%
ぎんなん12.8%
いちやう1.5%
いちよう0.5%
ぎなん0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三年も見なかった間に可成な幹になった庭の銀杏へも、縁先に茂って来た満天星の葉へも、やがて東京の夏らしい雨がふりそそいだ。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
に、町一面きしいた眞蒼銀杏が、そよ/\とのへりをしくそよがせつゝ、と、てる。……
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
出発点は知らないが、到着点の目じるしは、田疇の中の一むらの森の、その森の中でも、群を抜いて高い銀杏の樹であるらしい。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
けれども月日は私の元氣に後楯をした。診察室の前の大鏡に映る、ひつつめ銀杏の青白い顏は、日に日に幾らかづつ色を直して行つた。
嘘をつく日 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
涙ぐみてむ時、ふと見る銀杏の木のくらき夜の空に、なるき影して茂れる下に、女の後姿ありてわがりたり。
竜潭譚 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「ああ。目出た目出たの櫛田の銀杏、枝も栄ゆれあ葉も茂る……と……。ああ。これで何もかも取戻いた。ああ清々した」