“いちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
銀杏79.2%
公孫樹13.3%
異朝1.2%
銀杏樹1.2%
帷帳1.2%
移牒1.2%
鴨脚樹1.2%
幃帳0.6%
惟朝0.6%
鴨脚0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本郷の大学前の電車通りを、轟々と音立てて電車が通った。葉の散りかかった銀杏並木の上に、天が凄まじい高さで拡がっている。
風宴 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
その日は、ひどく冷たい北風が吹きんで、公孫樹の落ち葉やの落ち葉が、雀の群れかなんぞのように、高く高く吹き上げられていた。
再度生老人 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
こんな異朝の故事や、いちいちな辞解などは、いま宋学流行のなかにある宮廷人か、またはよほどな篤学者でもあるならいざ知らず、一般の鎌倉武者や土豪などでは
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
野は秋も暮れて木枯の風が立った。裏の森の銀杏樹黄葉して夕の空を美しくった。垣根道にはかえった落葉ががさがさとがって行く。鳴音がけたたましく聞える。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
窓間壁に色の塗ってある大きな寝室、縁剜形に金の塗ってある化粧室、帷帳や大きな肱掛椅子のそなえてある元の法院長の客間、などがあって、また庭もついていた。
内務省の地理局長が全国の府県に移牒して、これと同種の郡町村の字名調べをさせているのだが、この県のごとくその複本が保存してあり
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
譲吉は、久し振りに暢然として一日を暮して見たいと思った。朝飯が済むと、彼は縁側に寝転んで、芽ぐむばかりになった鴨脚樹の枝の間から、薄緑に晴れ渡った早春の空をめて居た。すると
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
時に長生王の后臨月に近付き夫に語るは、何卒朝日初めて出る時幃帳内に妾を臥せしめ、四つ辻で象馬歩車の四兵の闘う処を見せ、闘いに用いた利刀の洗汁を飲ませて欲しいと。
姉は話しながら裁縫の針を止めぬのである。前に鴨脚の大きい裁物板が据えられて、彩絹裁片や糸ややが順序なく四面に乱れている。女物の美しい色に、洋燈の光が明かに照り渡った。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)