風宴ふうえん
夢を見ていた。 ともすれば目を覚まそうとする意識をねじ伏せねじ伏せして眠っているうちに、顔も服装もはっきり判らぬ、ごちゃごちゃした人のむれに交って、ぞろぞろと小学校の門の中に入って行った。 小学校の校庭に死骸が埋めてあって、それを掘り出さね …
作品に特徴的な語句
さい とも むな うっ くすぶ 白眼しろめ 臨終りんじゅう 凝視ぎょうし ろう 徳利とっくり いそが なま 手巾ハンカチ 枕頭ちんとう ひつぎ せば 羽織はお つら 饒舌じょうぜつ 首筋くびすじ 丁度ちょうど 下司げす 下心したごころ 不味まず 亢奮こうふん 仁義じんぎ 何処どこ わび にわか 倒逆とうぎゃく まま 先刻さっき 内儀かみ 円生えんしょう 冥福めいふく わか 動悸どうき 千切ちぎ テーブル いや 反物たんもの たた 只事ただごと しか 号泣ごうきゅう つぶや 咽喉のど 唐紙からかみ うな すす わめ 喬木きょうぼく 嗚咽おえつ 四辺あたり 堆積たいせき ちり 外套がいとう 天願てんがん 太古たいこ はし 客膳きゃくぜん 宴会えんかい 寂寥せきりょう 小癪こしゃく 尻尾しっぽ 屡々しばしば けわ ちまた 市井しせい 強直きょうちょく いろど 忌中きちゅう たちま 忽然こつぜん 恰好かっこう 悠容ゆうよう みじ たの あわ つか 提灯ちょうちん まだら 断乎だんこ 昂然こうぜん 暗然あんぜん しばら 曖昧あいまい つえ さん こずえ 歔泣すすりなき ゆが