“儘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まま78.7%
まゝ18.2%
なり1.3%
まんま1.0%
まヽ0.5%
ことごと0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔のに現在までも続いていると云う住家はんどなく、極めてに昔の美しさのある物を発見するのがる難しいことなのである。
現代語訳 方丈記 (新字新仮名) / 鴨長明(著)
暖い日で額が汗ばむ程なので、基督は外套を脱いで、そこらの楊の木に引掛けた、岡をつて多くの群衆にお説教をしに出掛けた。
半「そんな事を云ってもいかんよ、悪事を平気な泥坊とはいいながら、目をしたお蘭さんを此の本堂の下の石室の中へ生埋にしたね」
あれは子ープルスのの三からへるエリノにそのです此方のは禿げた老爺さんがつてによくますねえ。
と、五六手前からり付けた。唖者子等は人の気勢いて、手に手に死人花を持つた横切つて、半町も無い鹿の盲唖院へ駆けて帰つた
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
ビテ光瞥瞥タリ/雲ハ残日ヲメテ影凄凄タリ/寒蔬ハク園官ノ贈ル有リ/鮮鯽何ゾ膾手ノ批ヲ労サン/聞説ク摂船多ク酒ヲ運ブト/ム一勺吾ガ臍ニ到ルヲ〕
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)