“子等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こら81.8%
こども18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、五六手前からり付けた。唖者子等は人の気勢いて、手に手に死人花を持つた横切つて、半町も無い鹿の盲唖院へ駆けて帰つた
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
子等けのよろしき朝妻片山ぎしにたなびく 〔巻十・一八一八〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
にこれを改めて「汝らは友を敵に交付して掠奪に逢わしむ、しかして彼ら(友)の子等は目るべし」と訳する学者がある。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
めば子等思ほゆ、めば況してしぬばゆ、何処よりりしものぞ、眼交にもとなりて、安寝さぬ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)