“栗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くり89.3%
ぐり8.6%
りつ0.7%
クリ0.7%
マロニエ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けた大根かぬかなであつた。おけば一枚紙がすやうによくなることゝ確信した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
これが木曾名物の焼きだと言って、の栗を火鉢の灰の中にくべて、ぽんぽんはねるやつをわざとでかき回したげな。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
の時代にはを植えました。の時代にはを植えました。周の時代になってからは、を植えることになりましたが、それは人民を戦慄させるという意味でございます。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
六月の若いの梢に、黄金の軽舸のような半月が浮んだ。
一九二三年夏 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
一〇、失せ物はの方のの根元を探すべし。デイジョンを過ぎ、ボウム駅の手前の、ニュイ・サン・ジャンという町へ着いたのはそれから三日ののこと。