“夜食”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やしよく30.8%
やしょく23.1%
スウベ15.4%
ゆふげ7.7%
スウペ7.7%
ツッペ7.7%
レウェイヨン7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜食で「あゝあ、だいれは?」給仕てくれた島田髷女中さんが、「ですの。」魚軒たい綿屑頬張つた。勿論宿錢い。いや、はず、いた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この尾行者のあるのに気がついたのは、横浜の銀座といわれるあのかな伊勢佐木町夜食り、フラリと外へ出た直後のことだった。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
上へ博士が長い丸太をずり出して載せられる。僕は蕪形の大きな鞴子いで居た。内に夫人は石卓へ持参の料理を並べて夜食の用意をする。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
それには答へで、好し好し、もはや灯火き人〻も皆夜食を終へたるに、汝のみ空言言ひ居て腹の膨るゝやらん、まづ/\飯食へと云ひて其竿を見るに、これもなか/\からぬ竿なり。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
夜食の卓に胡桃が出ると、伊太利の大小説家は女に向いて云ひました、「恋は胡桃だよ、壊さなくちや味が解らない、さうでせう」
素描 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
近衛騎兵のナルモヴの部屋で骨牌の会があった。長い冬の夜はいつか過ぎて、一同が夜食の食卓に着いた時はもう朝の五時であった。
といい「なにしろ今日は、降誕祭前夜のことだから、ひとりで夜食をなさるのは、さぞ味気ないだろう。それに、妻も非常に希望しているから」
黒い手帳 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)