“若鮎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わかあゆ90.0%
さあゆ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は何があるな。甲州街道へ来て新らしい魚類を所望する程野暮ではない。何か野菜物か、それとも若鮎でもあれば魚田いな」
怪異暗闇祭 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
六角の象嵌鍔よりの柄糸、めぬきは四代光乗が作らしく、観世水若鮎めこまれ、柳しぼりのごしらえ、なんともいえない品格がある。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
若鮎はあの秋の雁のように正しく、可愛げな行列をつくって上ってくるのが例になっていた。わずかな人声が水の上に落ちても、この敏感な慓悍な魚は、花の散るように列を乱すのであった。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
背中に黒いほくろのある若鮎が上ってきた。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)