幼年時代ようねんじだい
大正八年八月 私はよく実家へ遊びに行った。実家はすぐ裏町の奥まった広い果樹園にとり囲まれた小ぢんまりした家であった。そこは玄関に槍が懸けてあって檜の重い四枚の戸があった。父はもう六十を越えていたが、母は眉の痕の青青した四十代の色の白い人であ …
作品に特徴的な語句
微笑にこにこ 此家ここんち 蹌踉ふらふら 復讐むく シロ なあ しっぽ 不明わから 微笑わら 運命うん 冷却ひえき いで 前方さき 命令いいつ 寂然しん 恐怖こわ 日光ひかり 競争ぜりあい 何者なに 時代とき 竹箆しっぺ 色彩いろ あや 何方どっち 凝然じっ すべ きま 家庭うち 尾籠びく 帰途かえりみち 必然きっと こわ 手柄てつか さぐ 河川かわ 清清せいせい とも 破壊こわ 腕利うできき 若鮎さあゆ ころも おど しゃが 途端はずみ たく 音響おと ×かけじるし 一個ひとつ 不味まず 二個ふたつ 何処どこ 俯向うつむ 其処そこ 其麽そんな 内部なか 円円まるまる もた 前栽せんざい 吃驚びっくり わら かこ 大川おおかわ 天狗てんぐ ふと ちゅう 実家さと うち むか 対手あいて 小柄こづか 市街まち 布片きれ 布類きれるい 年老としと 庫裏くり 怒鳴どな 性短きみじか こら 恁麽こんな 悪戯いたずら 慓悍ひょうかん たわ なぐ くすぐ 晴衣はれぎ 木目もくめ 柄糸つかいと つが ひのき けやき 此処ここ 武士さむらい
題名が同じ作品
幼年時代 (新字新仮名)堀辰雄 (著)