“布類”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きれるい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“布類”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私は室じゅうを見廻したり、ときには、小箪笥の上にある色色な菓子折のからに収ってある布類きれるいや、香水のから罎などを取り出して眺めていた。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
姉はいろいろな布類きれるいや小さな美しい箱や、目の青い人形や、絹でこしらえた財布や、嫁入さきが海岸だったというのでそこで集めた桜貝姫貝ちょうちん貝などを沢山に持っていた。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)