“布団”のいろいろな読み方と例文
旧字:布團
読み方(ふりがな)割合
ふとん96.1%
ぶとん2.6%
マトレス1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“布団”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)2.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「君、布団ふとん着て寝たる姿やとか何とか云うが、どこに布団を着ている訳かな。ちょっとここまで来て教えてくれんかな」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
布団ふとんは、あすこに這入はいってるから、ひとりで出して御掛けなさい。一枚三銭ずつだ。寒いから二枚はいるでしょう」
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それはたしかに一枚の布団ぶとんからするのでした。
神様の布団 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
お客はがたがたふるえながら、なおも、聞き耳を立てていますと、また同じ声がします。しかも、その声は、自分のかけている布団の中から出て来るではありませんか。——布団ぶとんが物を言っているのです。
神様の布団 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
粗末な鉄の寝台から、どういうわけか布団マトレスがはぎとられていて、不潔な床に、つめ藁のはみ出た肱かけ椅子が二つあるきりだった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
不潔というより病菌の巣のような感じだった部屋の光景と、布団マトレスをはがされていた鉄寝台の異様な印象は、いつまでも伸子につきまとった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)